カード現金化の換金率と特徴|クレジットカード現金化で、現金を用意できる!

クレジットカード現金化で、現金を用意できる!

カード現金化の換金率と特徴

ATMを使う男性

カード換金と言えば、カードのショッピング枠などを現金化する行為ですよね。 ショッピング枠で買い物をして、それを転売することで実質的にカードを換金したことになります。 どんな商品を購入し転売するかは人それぞれなので相場と言ったものは存在しないかに思えますが、それはあくまでも個人で商品購入から転売までを全て行った場合です。 カード換金を専門とする業者は数多く存在しますので、そういった業者を利用した場合は相場というものが存在します。 では実際、業者を利用した場合の相場とはどの程度の換金率なのでしょうか。 これは換金額によりけりですが、およそ20万円を境に大きく変化すると言えるでしょう。 換金額が20万円以下の場合は、80パーセント前後、以上の場合は95パーセントまでが相場と言えます。 業者選びの際に参考にしてみてください。

カード換金という行為の最大の特徴は、換金率の高さでしょう。 もちろん全ての人が必ず高い換金率でカード換金できるわけではありません。 しかし、優良な換金率の高い業者を見つけることができれば、非常に高い換金率を実現することができます。 自分で商品購入から転売までを行えば、さらに高い換金率を実現することも可能です。 商品を購入した際の購入額、カードの金利を合わせた額よりも高い金額で売ることができれば、換金率は100パーセントを超えることになりますよね。 普通カードで現金を手にする場合はキャッシングですが、キャッシングは直接カード会社からお金を借りることになるので必ず金利が発生します。 プラスになることはまずありえませんよね。 カード換金であれば、プラスになる可能性すら十二分にあるのです。